スーツの選び方

コーディネートの仕方
シャツ
種類
選び方
着こなし方
長袖
プリント
無地
ジャケット
種類
選び方
着こなし方
スーツ
種類
選び方
着こなし方
ジーンズ
種類
選び方
着こなし方

スーツの選び方

スーツを選ぶときには、まず着るときの目的を考えると思いますが、スーツの種類のところで話したように、大きく分けて、スーツには二つボタンと三つボタンがあります。
もちろん四つボタンなどといったスーツもありますが、普通はこの二種類が多いと思います。

この二種類のスーツは、普通は二つボタンが普段のビジネス用、三つボタンが冠婚葬祭などフォーマル用として選ばれています。
ですから、スーツを着るときの目的を考えて、この二つのどちらかの中から選ぶようにすれば、デザインなどの絞込みもやりやすくなると思います。

次に具体的なスーツの選び方ですが、スーツやジャケットなど、洋服を選ぶときには、最初にサイズをチェックすると思いますが、スーツの選び方の一番のポイントは、全体のバランスを見るということです。

もちろんサイズも大切ですが、スーツの場合は、サイズの他に全体のシルエットが選ぶ時の大切なポイントになってきます。
いくら自分に合ったサイズのスーツでも、シルエットが自分に合っていないと、やはりしっくりとした感じがしませんし、後々のコーディネートや着こなしなどにも悩む事が多いと思います。

シルエットとはスーツ全体の形のことで、ジャケットとズボンを合わせた全体のバランスのことです。
このスーツ全体のシルエットをチェックする場合、必ず試着してみて、全身を鏡に映して見るようにします。

この時大切なことは、ジャケットのボタンを留めておくことで、これはスーツの選び方のポイントです。
そして、前だけでなく、後ろや左右からの感じもチェックするようにします。

スーツを選ぶときに、このように全体のシルエットをチェックするようにすれば、意外と自分に合っていなかったり、逆に思っていた以上にいい感じのスーツが発見できたりして、スーツの選び方としてはあまり失敗がありません。

次に色や素材などですが、これは好みもあるので、自分の気に入ったスーツを選ぶようにすればいいと思いますが、後のコーディネートなども考えて選ぶようにします。
スーツに合わせてシャツやネクタイも買ってしまうのもいいのですが、経験から言うと、この場合はどうしても固定的な組み合わせになってしまうように思います。

もちろん、新たにシャツやネクタイを買ってもいいのですが、いま自分が持っているものとの組み合わせを考えて選ぶようにすれば、スーツを着こなす幅も広がるので、これも選び方のポイントだと思います。

それと、スーツを選ぶときには、ジャケットやパンツだけでの着回しが出来るかチェックしてみるのもひとつです。
スーツの場合、大抵は上下揃いで着ることが多いと思いますが、ジャケットだけでも着こなしが出来れば、それだけでオシャレの幅が広がりますので、是非このこともスーツの選び方のポイントとしてチェックしておいてください。

あと、スーツを選ぶときは、必ずスーツ用の靴を履いていくようにしてみてください。
例えその靴が選ぼうとするスーツの感じに合っていなくても、スニーカーなどよりは全体の感じはつかめると思います。

選び方の最後のポイントは、いま持っているスーツを着ていくようにしてみることです。
この時に自分のお気に入りのスーツを着ていくと、シルエットなどの感じも掴みやすいですし、選ぼうとするスーツとの比較もしやすくなります。
それに、店員さんからのアドバイスなども、随分違ってくる事があるので、ぜひ試してみてください。