スーツの着こなし方

コーディネートの仕方
シャツ
種類
選び方
着こなし方
長袖
プリント
無地
ジャケット
種類
選び方
着こなし方
スーツ
種類
選び方
着こなし方
ジーンズ
種類
選び方
着こなし方

スーツの着こなし方

皆さんもビジネス・シーンなどでスーツを着る機会は多いと思うので、きっとうまく着こなしていることと思います。

ですから、ここでは基本的なスーツの着こなし方だけを紹介しておきますが、ビジネス・スーツやフォーマル・スーツなど、スーツを着こなす場合、まずシャツとネクタイの組み合わせをチェックすると思います。

この時、スーツの色とのバランスを考えることが多いと思いますが、シャツやネクタイを選ぶときは、スーツとの色の組み合わせの他、スーツのデザインやシルエットにも注意するのが、スーツの着こなし方のポイントになります。

もちろん、スーツとシャツの色の組み合わせは大切ですが、スーツのシルエットなどを考えないで、色合いだけでシャツやネクタイを決めてしまうと、ジャケットを着てから、何となくバランスが悪くなってしまうことがあります。

これはスーツのジャケットとのデザインが合っていないのが原因なので、ジャケットの衿の形や全体のシルエットを考えてシャツやネクタイを選ぶようにします。

全体に細身に作られたスーツなのに、シャツの方は幅の広いデザインだと、どうしてもしっくりときません。
それに、スーツが細身だと、ジャケットを脱いだときなどに、シャツの皺なども結構目立つこともあります。

ごく当たり前のことなのですが、細身のスーツには細身のシャツを選ぶような着こなし方をしてみればどうでしょうか。
これをチェックするだけでも、随分とスーツのイメージが変わってくるので、是非スーツの着こなし方として試してみてください。

それと、ジャケットについているボタンの数もバランスに入れるようにして、必ずスーツを選ぶ場合と同様、シャツやネクタイなど、全体の感じを鏡などでチェックすることが大切です。

もうひとつのスーツの着こなし方の大切なポイントは、靴とのバランスです。
いくらシャツやネクタイなどのバランスが良くても、靴とのバランスが良くないと、せっかくのスーツも見劣りがしてしまいます。

スーツと靴とのバランスはそれぞれの色やデザインによって変わってきますが、すっきりとした無地のスーツの場合、靴は少しデザインされたものを選べば、足元のアクセントになります。

また、少し洒落たスーツやストライプが入っているようなスーツの場合、靴はデザインでなく、色で選んでみるのも良いと思います。
スーツを着る場合、黒の靴を履いていることが多いように思いますが、茶色などの靴を一足もっていれば、けっこうコーディネートの幅が広がるので重宝しますし、グレーの靴なども着こなし方によっては、かなりオシャレにまとまります。

あと、スーツといっても意外とカジュアルなデザインのスーツもあるので、そういった感じのスーツには、試しにカジュアルな感じの靴を合わせてみれば、個性的なスーツの着こなし方ができると思います。

最後にもうひとつ。
靴を選ぶときには、必ず靴下についても気を配ってください。
シャツやネクタイを含め、いくらバランスよくスーツを着こなしていても、靴下が全体の雰囲気に合っていなければ、どうしても見劣りしてしまいます。
特に、電車の中などで座ったときには靴下が見えるので、着こなし方の大切なポイントとして気を配ってみてください。

スーツ全体のコーディネートや組み合わせが決まったら、全身を鏡に映してチェックするようにしますが、この時、靴下や靴も履いてチェックするようにすれば、あまり失敗はしないと思います。