シャツの選び方

コーディネートの仕方
シャツ
種類
選び方
着こなし方
長袖
プリント
無地
ジャケット
種類
選び方
着こなし方
スーツ
種類
選び方
着こなし方
ジーンズ
種類
選び方
着こなし方

シャツの選び方

シャツの種類はたくさんあるので、それぞれに選び方のポイントもあるのですが、ここでは全般的なシャツの選び方について紹介しておきます。

基本的なシャツの選び方にもいくつかのポイントがありますが、そのひとつは、自分のイメージに合ったものを選ぶということです。

例えばビジネス用のシャツなら、選び方もスーツなどを中心にして考えればいいと思いますが、カジュアルなものなら、色やデザインなどを良く考えて選ぶようにします。

気に入った色やデザインのシャツがあったらチェックしますが、ポイントは、自分にあっているかどうかということもチャックします。
いくらデザインが気に入っても、自分の雰囲気に合わないものは、やはり後々の着こなしが大変だと思います。

何故なら、これまで自分の持っている服は、大抵の場合、自分の雰囲気や好みに合ったものだと思うからです。

もちろん、イメージを一新して新しいデザインのものを着こなしてみるのも楽しいものですが、その場合、そのシャツに合ったジャケットやパンツが必要な場合も出てきます。

ですから、ビジネス用にしても、カジュアルなものにしても、気に入ったシャツを見つけたら、どんなものを組み合わせればいいのか、自分の持っている服を思い出して、コーディネートを考えることが大切です。

せっかく買ったシャツなのに、合わせる服がないと、すぐに楽しむことが出来なくなります。
場合によれば、せっかく選んで買ったシャツなのに、コーディネートがうまくいかないために、ほとんど着る機会がないままになってしまうこともあるかもしれません。

シャツの選び方のもうひとつは、自分の体に合ったものを選ぶということです。
これも当たり前のことなのですが、案外自分の体に合ったものを選ぶのは大変なようです。

最近では、ビジネス用のシャツに限らず、カジュアルなものでもサイズが豊富に用意されているので、探し出すのが簡単なようにも思いますが、やはり自分の体にフィットするシャツは、なかなか見つからないように思います。

シャツのサイズは、多くの場合MサイズやLサイズで表示されていますが、
それぞれにバスト、ウエストのほか、肩幅や首周り、それとゆき丈と着丈などが決まっています。

しかし、これはメーカーによって違っていますし、同じMサイズでも首周りなどが違うことがあります。

ですから、シャツの選び方としては、MやLなどの大きさだけでなく、各サイズが、できるだけ自分のサイズに近いものを選ぶように注意してください。

また、シャツのデザインにもよって自分に合うサイズは変わってくるので、出来れば試着してみるのが一番です。

あと気になるシャツの選び方のポイントは、体格良い人はあまりピタッとフィットしたものではなく、また、逆に痩せ型の人はあまりゆとりのあるものを選ばない方が良いように感じます。