シャツの着こなし方

コーディネートの仕方
シャツ
種類
選び方
着こなし方
長袖
プリント
無地
ジャケット
種類
選び方
着こなし方
スーツ
種類
選び方
着こなし方
ジーンズ
種類
選び方
着こなし方

シャツの着こなし方

Tシャツなどと一緒に、いわゆる「(前でボタンを留める)シャツ」というアイテムは、皆さんたくさん揃えていることと思います。

特にシャツの場合は、長袖や半袖、プリンシャツなど、様々なものがあるので、お持ちのシャツも数多いと思います。

それだけに、うまく組み合わせて着こなしていらっやると思うので、ここでは基本的なシャツの着こなし方を紹介しておきます。

まず、シャツの着こなし方のポイントとしては、ビジネス用のシャツの場合、きっちりと着こなすのがやはりオシャレな着こなし方だと思います。

アイロンなどはもちろんしっかりとかけて、ボタンの留め忘れなどがないように気をつけてください。

そして、ネクタイには注意しなければなりませんが、シャツとネクタイだけでなく、スーツとのバランスが大切です。
スーツの色や素材などを考えて、これに合ったシャツを選ぶのが着こなし方のポイントです。

また、ジャケットを着ない場合や、ジャケットを脱いだ場合など、ちょっとしたデザイン物のシャツを取り入れたいものです。

ビジネス用の場合、あまりデザイン的なものは敬遠されると思いますが、切り返しのあるシャツや、フラップにデザインされたポケット、それに少し変わった衿の形など、どこかひとつデザインのポイントがあれば、それだけでオシャレなシャツの着こなし方が出来ると思います。

普段などに着るカジュアルなシャツの着こなし方としては、無地やシンプルなデザインのシャツの場合、上に着るジャケットなどは、少しデザインされたものの方がバランスがとれそうです。

その逆に、ジャケットなどは着ないで、シャツだけで着こなす場合は、シャツのデザインや色などに気を配ります。
もちろんパンツとのバランスを考えますが、シャツだけで着こなす場合は、無地のシャツでも色やデザインなどに気を配ります。

それと、カジュアルなシャツの場合、アイロンは控えめか、あてない方がいいようなものも多いので、シャツの素材などを考えてアイロンするようにしてください。

また、シャツをタックイン (パンツの中にシャツを入れること) するかしないかということですが、シャツの着丈や裾脇を見れば、そのシャツはパンツの中に入れて着るのか出して着るのかが分かります。

タックインして着るものは着丈も長く、裾脇もカーブしているのでよく分かります。

しかし、シャツのデザインによっては、タックインの仕様になっていも、外に出して着るのもおかしく、かえってオシャレなものもあるので、その辺りはセンスと好みで着こなすようにしてください。

もうひとつのシャツの着こなし方のポイントとしては、自分の体に合ったシャツを着るということです。
特に、ジャケットなどを着ない場合は、体にあったものでないとバランス悪く見えてしまいます。

あと、シャツの下にアンダーウェアーとしてのシャツを着るかどうかということですが、これは好みによると思います。

元々シャツはそのままで着るようなアイテムですが、そのままだと、夏場などは汗で体に引っ付いたりして、あまり見栄えの良いものではありません。

このような場合、アンダーウェアーとしてのシャツを着るのも良いと思いますが、下のシャツが透き通って見えてしまうようなことに注意するのが、シャツの着こなし方のポイントです。

これはシャツの生地が薄いのが原因ですが、それぞれのシャツの色によっても随分違ってくるので、シャツとアンダーウェアーとしてのシャツとの色の組み合わせなどにも気を配るようにします。