プリントシャツの着こなし方

コーディネートの仕方
シャツ
種類
選び方
着こなし方
長袖
プリント
無地
ジャケット
種類
選び方
着こなし方
スーツ
種類
選び方
着こなし方
ジーンズ
種類
選び方
着こなし方

プリントシャツの着こなし方

洋服ダンスを開けると、皆さんもプリントシャツを結構そろえているのではないでしょうか。
それぞれにうまく着こなしていると思うので、ここではプリンシャツの着こなし方の基本だけを挙げておきます。

まず、言うまでもありませんが、無地のシャツなどと違って、プリントシャツの着こなし方は、そのプリントのイメージによって随分と変わってきます。

細いストライプのようなプリントシャツはビジネス用でもよく見かけますが、このようなシャツは全体の地色の方がメインになってくるので、どちらかと言えば、プリントよりも色合いで着こなすようにすればいいと思います。

ジャケットやパンツとの色バランスに注意して着こなすようにすれば、あまり大きな失敗はしないと思うので、プリント柄よりも色合いでまとめるようにしてみてください。

しかし、様々な絵柄や文字などをプリンしているシャツは、やはり着こなし方にも工夫が必要になってきます。

色合いはまったく様々だと思いますが、絵柄がプリントされているようなシャツ (特にシャツ全体にプリントされているような場合) は、他のものとのバランスを考えることが大切です。

この場合のバランスとは、ジャケットなどのトップスと、パンツとのバランスのことですが、まずジャケットについていえば、プリントシャツの絵柄などのイメージに合ったものを選ぶことが大切です。

ひと言にプリントシャツといっても、本当にたくさんの種類があるので、それぞれの絵柄のイメージ合ったジャケットを選ぶようにしないと、かなりバランスが悪くなってしまいます。

また、ジャケットを選ぶときはプリントシャツの地色との組み合わせにも注意した着こなし方が大切ですが、デザインにも気を配るようにします。
インパクトのあるプリントシャツの場合は、ジャケットのデザインも少し凝ったものを選ぶようにした方が、着こなしやすい場合が多いと思います。
もちろん、この場合のジャケットは柄物は避けるようにします。

また、プリントシャツの着こなし方としては、いっそのことジャケットを着ないという着こなし方もあります。
せっかくのプリントをジャケットで隠してしまうのも勿体なくも思いますので、プリントシャツだけでトップスをまとめるのも良いと思います。

次にパンツとのバランスですが、ジャケットを着る場合は、プリントシャツのイメージだけでなく、ジャケットとのバランスを考えてパンツを選ぶようにします。

ジャケットを着ない場合は、プリントシャツだけとのバランスを考えてパンツを選びますが、プリントシャツを強調したい場合は、すっきりとした感じのデザインのものを選ぶようにすれば、あまり失敗する事はありません。
色合いもプリントシャツの色を基本にして決めるようにします。

しかし、プリントシャツがインパクトのある絵柄のようなものの場合は、ジャケットの場合と同じように、パンツも少しデザイン的なものを選ぶようにした方が、全体のバランスが取りやすいようです。

それと、着こなすときの一番のポイントは、全体の感じを鏡でチェックしてみることです。
この場合、必ず全身の感じを確かめるようにすることが大切で、上半身だけで決めてしまわないように注意してください。

また、前後してしまいますが、やはりシャツ自体のシルエットで全体のイメージが変わってくるので、シャツの着こなし方のところで述べているような事も参考にして、自分だけの着こなし方を工夫してみてください。