無地のシャツの着こなし方

コーディネートの仕方
シャツ
種類
選び方
着こなし方
長袖
プリント
無地
ジャケット
種類
選び方
着こなし方
スーツ
種類
選び方
着こなし方
ジーンズ
種類
選び方
着こなし方

無地のシャツの着こなし方

柄などの入っていない無地のシャツは、比較的他のものとのコーディネートがしやすく、いろいろと着まわしのできるシャツと言えます。
特に、ビジネス用のシャツでは無地のものが多く、デザインもスタンドカラーの衿にワンポケットと、オーソドックスなものが多いので、コーディネートしやすいシャツだと思います。

まず、ビジネスなどで無地のシャツを着こなす場合は、やはりネクタイなどとの組み合わせが、着こなし方のポイントになります。
言うまでもありませんが、ネクタイを変えてみるだけでも、ひとつのシャツがいく通りにも着こなしができるので、是非ネクタイには気を配ってみてください。

また、ビジネス用のシャツの場合はスーツを着ることが多いと思うので、スーツとの色バランスなども、無地のシャツの着こなし方のポイントです。
もちろん、シャツとネクタイ、そしてスーツと、全体の色バランスを見ることが大切ですから、少し離れたところから鏡で全体を見るようにしてみてください。

そして、もうひとつ大切なポイントが、色だけでなく、全体のシルエットをチェックする事です。
スーツの選び方のところでも話しましたが、スーツにも細身やゆったりとしたデザインのものなどがあるので、シャツを選ぶときも、シャツ自体のシルエットを考えて選ぶようにすることが、着こなし方のポイントにもなります。

細身のスーツならシャツも細身のものを選ぶようにすれば、あまり大きな失敗はないと思います。
特に、スーツの場合はジャケットが細身ならズボンも細身なので、シャツのシルエットもこれに合わせるようにすれば、ジャケットを脱いだときでもも、オシャレな着こなし方が出来ると思います。

また、、シャツの色やシルエットの他、変わった素材のシャツなら、いつも着ているスーツでも違った印象を与えることが出来ます。
無地のシャツでも衿の形が変わっていたり、ポケットにフラップがついているなどすれば、ちょっとしたポイントになるので、素材やデザインなどもチェックするのが、無地のシャツの着こなし方のポイントにもなります。

次にビジネス以外で無地のシャツを着こなす時ですが、この場合は全体の感じがシンプルになり過ぎないように注意します。

この時の着こなし方のポイントは、やはり他のものとの組み合わせです。
ジャケットなどを着ない場合であれば、ボトム(パンツ)とのカラーバランスや、スーツの場合と同様、シャツのシルエットなどを考えるようにすることが大切です。

ジャケットを着ない場合は、シャツがそのままトップスのイメージになるので、シャツのデザインにも注意します。
比較的あっさりとした感じがする無地のシャツでも、フラップポケットやエポーレットなどがついていれば、デザイン的にもポイントになりますし、切り返しのあるものなら、無地でも意外とカジュアルな感じがしたりします。

無地のシャツでも、このようなデザイン的なシャツなら、パンツもカジュアルなものでも構いませんし、すっきりとした形のものでも、シャツがデザインされているので、全体としてはまとめやすくなります。

また、先程も言いましたが、無地のシャツでも素材が変わっていれば、それだけでオシャレのポイントになります。
もちろん、この場合はシャツに合わせるものの素材もよく考えて、素材の良さを引き出すようにしてみてください。

後は、無地のシャツにデザイン的なジャケットやパンツなどを組み合わせると、けっこうオシャレな着こなし方ができると思うので、自分の持っているものをあれこれとコーディネートしてみてください。
但し、シャツの感じだけでなく、必ずパンツをはいて、全体の感じを鏡に映してみることが大切です。