ジャケットの選び方

コーディネートの仕方
シャツ
種類
選び方
着こなし方
長袖
プリント
無地
ジャケット
種類
選び方
着こなし方
スーツ
種類
選び方
着こなし方
ジーンズ
種類
選び方
着こなし方

ジャケットの選び方

ジャケットの種類のところで話したように、ジャケットにもたくさんの種類があって、ビジネスにも着れる普通のテーラードのものから、ミリタリー的なラフなジャケットまで、実に様々です。

ですから、ジャケットの選び方は、ジャケットを着るときの目的によって変わってきます。
ビジネス兼用のテーラード・ジャケットならブレザー・ジャケットなどがいいでしょうし、ラフっぽさを出したい場合は、ライダースジャケットなどを選ぶのもいいかもしれません。

しかし、基本は自分の体に合ったサイズ、目的に合ったサイズを選ぶということが、ジャケットの選び方のポイントです。
もちろんお店では試着などをして選ぶと思いますが、ジャケットはふつう下にシャツなどを着るので、必ずシャツなどの上から試着するようにします。
また、春先などでカーディガンやセーターを着ている場合は、それらを脱いで試着するようにします。
(冬物のジャケットなどで、下にセーターなどを着る場合はそのままで試着します)

次にジャケットのシルエットをチェックしますが、これも大切なジャケットの選び方のポイントです。
つまり、ジャケット全体の形をチェックするのですが、これはジャケットのサイズとは少し違います。

ここでのポイントとして、肩幅をチェックするようにしてみてください。
いくらジャケットのシルエットが良くても、肩が落ちているとだらしなく見えてしまいます。
もちろんその他の寸法も大切ですが、肩が落ちたジャケットだと、まず自分の体には合っていないはずで、シルエットも崩れてしまうはずです。

また、肩幅などがきっちりとしていても、ジャケットの種類によっては運動性などもチェックするにします。
ブレザー・ジャケットなどは、肩幅がきっちりと納まっている方がキリッとした感じでいいと思いますが、サファリ・ジャケットなどはある程度の動きが必要なので、着たときの全体の感じも確かめるようにします。
ゆとりがあり過ぎてはだらしなく見えてしまいますが、あまりフィットしたものなども、動きづらくなってしまいます。

細部のデザインや色については、自分の好みで決めればいいと思いますが、シャツやパンツなどとのコーディネートも忘れずに考えるようにします。

このほかの選び方については、凝ったデザインのジャケットの場合、衿のデザインが案外ポイントになります。
人それぞれ好みのデザインや衿の形があると思いますが、自分にあった衿のデザインをポイントにしてジャケットを選ぶと、あまり失敗することはないと思います。

あと、ジャケットの選び方のポイントとしては、体格のいい人はあまりフィットしたジャケットは避けるようにして、逆に痩せ型の人はあまりゆとりのあるものは選ばない方が良いようにも思います。(ジャケットのデザインにもよりますが)