ジーンズの着こなし方

コーディネートの仕方
シャツ
種類
選び方
着こなし方
長袖
プリント
無地
ジャケット
種類
選び方
着こなし方
スーツ
種類
選び方
着こなし方
ジーンズ
種類
選び方
着こなし方

ジーンズの着こなし方

ジーンズをはく機会は皆さんも普段から多いと思いますが、きっといろいろな着こなし方をされていると思います。
多分オシャレな着こなし方をされていると思うので、敢えてアドバイスするようなことはないと思うので、ここではジーンズを着こなすときの基本的なポイントなどを紹介しようと思います。

ジーンズを着こなす場合、シャツやジャケットなど、上に着るものとのバランスを考えますが、まず、ジーンズ自体のデザインとシルエットに注意します。

ジーンズの種類のところでもお話したように、ジーンズには基本的なデザインやシルエットがあります。
ですので、基本的な着こなし方のポイントとしては、これらのジーンズのシルエットを考えて、上に着るトップスのアイテムを合わせるようにします。
例えば、ストレートやスキニーなどと呼ばれているジーンズの着こなし方としては、上に着るトップスも、比較的スリムな感じにまとめた方が、全体としてはコーディネートしやすいようです。

ストレートやスキニーなどのジーンズはフィット感があるので、上のものも同じようにフィット感があるほうが、すっきりと見せることができて、ジーンズのシルエットもきれいに見えます。

しかし、あまりだぶついた感じのものでないなら、多少はゆとりのあるものでも、ストレートやスキニー・タイプのジーンズなら合わせやすいので、色合いやデザインを考えてジーンスを選ぶようにすればいいと思います。

ゆとりのあるルーズなシルエットのジーンズの場合、トップスはフィットしたものだと一般にバランスが悪くなってしまいます。
ルーズな感じのジーンズなら、シャツやジャケットなども少しゆったりとしたような感じのものでまとめるようにするのが、ジーンズの着こなし方のポイントになります。

もちろん、ジーンズのデザインによってはフィット感のあるトップスでも問題ないので、その辺りは皆さんのセンスでうまく組み合わせてみてください。

また、ジーンズと上に着るものとの色のバランスですが、ジーンズの紺色はほとんどの色に合うので、かなり自由に決めてもいいように思います。
但し、シャツやジャケットなど、重ね着をする場合は、全体の色バランスに注意するのも着こなし方のポイントです。

ところで、Tシャツなどでプリント柄のものを合わせる場合は、色と一緒に絵柄などにも注意します。
特に、春や夏など、Tシャツやシャツ一枚でジーンズを着こなす場合、かなりプリントの絵柄が強調されるので、全身を鏡で映してみるなどして、うまく着こなすようにしてください。
ジーンズのデザインやシルエットには、それぞれイメージがあると思うので、そのイメージと違った絵柄などのTシャツだと、全体のバランスが悪くなってしまうので要注意です。

それと、シャツやジャケットなどのデザインも、ジーンズのイメージに合ったものを選ぶようにしますが、案外ベルトがジーンズの着こなし方のポイントになります。

ベルトのデザインはもちろんですが、色や素材など、ベルトの選び方ひとつでジーンズの表情が変わってくるので、是非何本かのベルトを揃えておきたいものです。

もうひとつは、靴を選ぶのにも気を配ってみてください。
普段はスニーカーなどを履いていても、時には革靴なんかを合わせてみるのもおもしろいと思います。
同じジーンズでも靴が変わると違った感じに見えるので、靴に気を配るのもオシャレな着こなし方のポイントだと思います。
(もちろん全体の感じを鏡なんかでチェックするようにしてくださいね)

あとは、ジーンズは元来作業着なので、あまり気を使わずに、自由に着こなしてみるのがいいと思います。
いろいろとアレンジしてみるうちに、自分なりのジーンズの着こなし方が見つかると思うので、楽しみながら、あれこれとチャレンジしてみてください。